fc2ブログ

新築はBESS製ログハウス「G-LOGアオジ」

結婚して一年が経ち、築33年の古屋から新しい一転して、死ぬまで住む家として建て替えを決意しました。
それも普通の住宅ではなく、アウトドア感満載のログハウスです。
住宅メーカーはBESS 販社はBESS熊本
モデルはG-LOGアオジです。


BESSのログハウス「G-LOGアオジ」
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

tag : BESSG-LOGログハウス

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして

コメントありがとうございます。
G-LOG生活初めて4カ月 楽しんでいます。
ログハウスはメリットデメリットあり、人それぞれの感性だと思います。

福岡はよく遊びに行きます。
ログハウス自体はどこにでも建築しても
違和感だと感じるのは人それぞれだと思いますが
何とかなると思います。
あとは薪ストーブを焚く行為、薪を貯める場所があるか
といった点が注意です。

宗像の海沿いにはBESSの家が多くて、好きな人が
多いですね。薪も沢山ありました。
何にせよ楽しんでください!建築したら終わりでなく始まりです。

退社後、コツコツ薪割りするのが日課です。

> はじめまして。
> 福岡市に住んでおり、Bessの特にこのG-log「なつ」に一目ぼれしている者です。家を建てたい、と色々と本を読んだりオープンハウスに行ったりしておりました。たまたまネットのバナーか何かでBessにたどり着き、G-logに一目ぼれしました。九州で同じG-logにお住まいの方はいないか、とBOB内をみていたときに貴殿のブログにたどり着きました。私は外断熱だの高気密だの第一種換気だの、そういう住み心地の事を調べていたのでログハウスについては全くの素人・無知です。今後貴殿のブログを読ませていただき、勉強させていただきたいと思っております。
>
> 福岡市街地ではログハウス(ましてや薪ストーブ付き)は難しいのか、
> 夏の室内(特に2階)は不快なほどに暑いのか(ワンダーデバイス等の方のブログには灼熱のよう、という記事がありました)、など 
> 気になる点がありますが、大人になっても子供心をくすぐられるログハウスに今は興味津々です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: LOGWAY行って参りました

その熱意 続けて頑張ってください!
ちなみに新しいBESS熊本の販社はBESSパートナーズです。(BESSの子会社)
つまり本社直轄になるのでサービスとしては向上すると期待しております!
BESS福岡南&糸島もBESSパートナーズが引き継いでくれたら良いですね。

ちなみに私のG-LOGを立ててくれた大工さんは地元の方でした。
LINEで連絡取ってましたし、毎日顔出して話をして、BESSマニュアルにはない
手間のかかる施工で組み上げてもらっていました。家の引き渡し後も
BESSを通さず個人的にやり取りしています。良い大工さんでした。

大工にはスキルを決めるランク付けがないし、指名できないのは仕方なしだと思います。
要はコミュニケーションです。営業さん設計士さん大工さん電気屋さん薪ストーブ屋さん
と仲良くなると反映してくれますよ!(各連絡先を知ればBESSを通さず個人的に文句も言えます)

私はBESS本社、多摩、富士、九州全ての展示場を回って勉強しました。
こちらも勉強して言いなりに対抗しないといけません!

基本的に半分以上の展示場が地元企業が運営するフランチャイズ店のため
ばらつきがあるのは仕方ないです。引き渡し前の完成検査で引っかかると思いますが
なぜかは分かりません・・・・

あとは施工不良で文句がある人は多々いて、記事に上げるため目立ちますが
成功者も多々いると思います。成功者はそこまで記事に上げない?

うちの施工を見ていたら半分はグラスウール、半分はスタイロフォームでした。
うちの場合は内壁も木だらけの家なので結露は皆無です。
家の間取り変更や仕様変更は有料になりますが金次第で何でも出来ますよ。
多分断熱材の変更も可能だと思います。

お勧めとしてBESSの家は価格が決まっている珍しいスタイルです。
他のログハウスメーカーと違って価格基準や使い勝手が考えられた間取りです。
あまり仕様変更や間取り変更すると価格が跳ね上がりますし、使いづらいかもしれません。

色々な展示場を回って、好きな販社を選んでみてください!
BESS選びというよりも販社選びが肝になります!

そういう意味だと近々再オープンするBESS熊本(本社直轄展示場)
も来訪してみることをお勧めします。
それも春夏秋冬でいくと温度変化を感じますよ!

ちなみに二階の熱さですが
G-LOG、カントリーは三角屋根なので頂点の屋根裏部分が熱いですが
二階部屋やリビングは熱くないです。
その点屋根裏スペースがないワンダーが灼熱です。
ワンダーの対策は屋根にソーラーをのっけて二重屋根にすれば改善されると思います。

今度記事にしますね。

うちの住宅見学も歓迎しますよ!熊本県大津町です。


> 管理人さんへ
> お返事ありがとうございます。福岡南、そして北九州のLOGWAYに行って参りました。Bess北九州の方から伺ったのですが、福岡南(つまり糸島もかな?)は近々撤退するとの事。熊本の状況と同じですね。
>
> 私が両方のLOGWAYに行った訳は、サイズの違う2つのG-log、いやとにかく多くのG-logを観たかったからです(福岡南のG-logは、以前のモデルであるF-Logを無理やり改造したとの事)。
>
> それぞれの箇所で対応してくださった営業マンの方々については、「ん?」と首をかしげてしまう事もあり、私の質問に対しても「ちょっと確認しておきます」という返答が多々ありました。また全国のBessユーザーさんのブログを拝見していると、様々な施工/建築時のトラブルに見舞われている方がいらっしゃって、販社間や各大工・現場監督に違いがあり過ぎのように思いました。
>
> しかし、Bessに対する熱は冷めていません。また、現時点では、薪ストーブはオーストラリアの「ピキャン バロッサ」を取り付けて様々な料理をしたい!と思っています。LOGWAYで初めて食べた焼きマシュマロのとろける味には感動しました(因みに私は高3からアメリカに留学し、計9年間向こうにおりましたが、焼きマシュマロは食べる機会が無かったです…)。
>
> 私がBess(G-log)で最大限に不満な点は、
> *内断熱であり断熱材にグラスウールを使用している、
> という事です。
> グラスウールが内部で湿気を吸って剥がれ落ち、断熱性が落ちたり、結露やカビの問題を発生させないものか、が心配です。その点が改良されたら良いのに、いっそアールシーコアに直談判できないか…などと想像を張り巡らせております。
>
> これからも貴殿のブログを楽しみに拝読させていただきます!
過去記事(ログ)スクロール

2024/02 (21)

2024/01 (30)

2023/12 (28)

2023/11 (30)

2023/10 (15)

2023/09 (17)

2023/08 (19)

2023/07 (23)

2023/06 (29)

2023/05 (28)

2023/04 (28)

2023/03 (30)

2023/02 (28)

2023/01 (29)

2022/12 (24)

2022/11 (27)

2022/10 (28)

2022/09 (31)

2022/08 (28)

2022/07 (24)

2022/06 (27)

2022/05 (23)

2022/04 (26)

2022/03 (31)

2022/02 (24)

2022/01 (24)

2021/12 (26)

2021/11 (24)

2021/10 (29)

2021/09 (20)

2021/08 (25)

2021/07 (32)

2021/06 (29)

2021/05 (29)

2021/04 (28)

2021/03 (27)

2021/02 (21)

2021/01 (23)

2020/12 (18)

2020/11 (20)

2020/10 (27)

2020/09 (26)

2020/08 (26)

2020/07 (24)

2020/06 (21)

2020/05 (14)

2020/04 (13)

2020/03 (14)

2020/02 (9)

2020/01 (1)

2019/12 (12)

2019/11 (11)

2019/10 (5)

2019/09 (10)

2019/08 (10)

2019/07 (11)

2019/06 (5)

2019/05 (4)

2019/04 (9)

2019/03 (4)

2019/02 (6)

2019/01 (2)

2018/12 (9)

2018/11 (7)

BESSの家ブログリンク

BOB

アクセス数
リアルタイムアクセス
現在の閲覧者数:
プロフィール

Zプロ

Author:Zプロ
熊本在住男41才です。
30歳の時に転勤で東京から熊本へ移住
移住と同時に中古の平屋を購入し、悠々自適の独身ライフを過ごしていました。
しかしながら、熊本地震で感じた独り身の寂しさから本格的な婚活をおこない、2017年に友人の紹介で素敵な奥様と一緒になれることになりました。
ただ今の家では死ぬまで住むに値しないと夫婦で判断し、建替え、移住、リフォームと検討しました。アウトドア好きな二人が出した結論は建替え&ログハウスという一番金銭がかかる仕様でしたが、死ぬまで50年は住めるようにログハウスライフを堪能するつもりです。

カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事ランキング
全体表示は下記【人気ページランキング】をクリックしてください。