fc2ブログ

無いものは作る2完結! 羽目板屋根が薄くて割れる・・・

前回DIYで作ったコンテナ脇の薪棚

手が空いた時を狙って

ちゃちゃっと屋根板を作りました。

ハイエース半杯くらいの薪で

この埋まり具合、あと1杯は余裕そうだ。

2020-05-27薪棚2 (3)

屋根板は定番の羽目板

今回は通気溝付きの

一番薄い板を50㎝毎にカットし

並べていきました。しか~し

薄すぎたせいか、端っこが割れる・・・・

コーススレッド打つと割れる・・・・

あまり気にしないで施工してしまいましたが

寿命は5年くらいでしょう・・・・

強度も無くて台風の風で割れてしまいそうです。

2020-05-27薪棚2 (1)

屋根板は横板の梁に

コーススレッドで固定していきます。

塗装は定番のキシラデコールのタンネングリーン

深い緑色が良い感じで最近のお気に入りです。

2020-05-27薪棚2 (2)

あともう少し薪集めを続けます。

真夏前に薪活を終えて、あとはバカンスかな

この薪たちは2年後の冬に

薪ストーブ燃料として期待しょう!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

tag : 薪棚薪ストーブDIYキシラデコール

コメントの投稿

非公開コメント

No title

薪棚に余分スペースが無く、しかも2年分の備蓄が十分にあるにも関わらず、目の前に原木があるとつい玉切りして積み込んでしまう。学術的には「発症する」と言いますが、貴兄も直にそうなります?
どうしようもなくなって薪仲間にお願いして、こちらから配達して引き取ってもらったりしています。私って何をしているんでしょうね?

Re: No title

クラフト親父さん

ははは全くの同感です。
最近、頼まれて伐採、薪割りして
余ったら知り合いにあげ始めています。

商売するほどの量はさばけませんが
何やっているのでしょうね・・・・

伐採の依頼は
まだまだ溜まっているのに
薪棚が足りません・・・・
つぎはどこに作るか
知り合いの土地に置かせてもらうか・・・
悩みは尽きません。
過去記事(ログ)スクロール

2023/12 (7)

2023/11 (30)

2023/10 (15)

2023/09 (17)

2023/08 (19)

2023/07 (23)

2023/06 (29)

2023/05 (28)

2023/04 (28)

2023/03 (30)

2023/02 (28)

2023/01 (29)

2022/12 (24)

2022/11 (27)

2022/10 (28)

2022/09 (31)

2022/08 (28)

2022/07 (24)

2022/06 (27)

2022/05 (23)

2022/04 (26)

2022/03 (31)

2022/02 (24)

2022/01 (24)

2021/12 (26)

2021/11 (24)

2021/10 (29)

2021/09 (20)

2021/08 (25)

2021/07 (32)

2021/06 (29)

2021/05 (29)

2021/04 (28)

2021/03 (27)

2021/02 (21)

2021/01 (23)

2020/12 (18)

2020/11 (20)

2020/10 (27)

2020/09 (26)

2020/08 (26)

2020/07 (24)

2020/06 (21)

2020/05 (14)

2020/04 (13)

2020/03 (14)

2020/02 (9)

2020/01 (1)

2019/12 (12)

2019/11 (11)

2019/10 (5)

2019/09 (10)

2019/08 (10)

2019/07 (11)

2019/06 (5)

2019/05 (4)

2019/04 (9)

2019/03 (4)

2019/02 (6)

2019/01 (2)

2018/12 (9)

2018/11 (7)

BESSの家ブログリンク

BOB

アクセス数
リアルタイムアクセス
現在の閲覧者数:
プロフィール

Zプロ

Author:Zプロ
熊本在住男41才です。
30歳の時に転勤で東京から熊本へ移住
移住と同時に中古の平屋を購入し、悠々自適の独身ライフを過ごしていました。
しかしながら、熊本地震で感じた独り身の寂しさから本格的な婚活をおこない、2017年に友人の紹介で素敵な奥様と一緒になれることになりました。
ただ今の家では死ぬまで住むに値しないと夫婦で判断し、建替え、移住、リフォームと検討しました。アウトドア好きな二人が出した結論は建替え&ログハウスという一番金銭がかかる仕様でしたが、死ぬまで50年は住めるようにログハウスライフを堪能するつもりです。

カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事ランキング
全体表示は下記【人気ページランキング】をクリックしてください。