fc2ブログ

風車の修理~溶接が出来ると修理の幅が広がる~

冬の強風時に風見鶏の風車が

破損してしまう事件があり、

DIYで強化も兼ねた修理を施しました。

2021-03-18_12-19-50_847.jpeg

これが破損した状態です。

薄い鉄板の羽を

軸受に直接溶接され、

固定されていた部分が

取れてしまいました。

静止したオブジェなら、

この固定方法でも良いのですが

常に振動が加わる機械となると

強度が不足して

金属疲労で折れたようです。

2021-03-17_17-16-51_022.jpeg

同じように直接溶接して

修理しても良いのですが

せっかくなら強度アップと

次回修理しやすい形状に変更します。

羽の取付台座となる鉄プレートを切り出し

軸に溶接固定します。

2021-03-17_17-17-20_237.jpeg

接触面はありますが

接着剤やボルト固定は出来ない形状です。

SUZUKID溶接機が増えてから

修理する手法が増え助かっています。


前回G-LOGに施工した

200vコンセントもありますが

ガレージの100vだけで十分でした。

溶接棒はφ2.0を使用し

イモっぽいですが

ガッチリとついています。

2021-03-17_17-30-14_011.jpeg

台座がついた軸と羽を

合体していきます。

2021-03-17_17-35-33_628.jpeg

これも溶接と考えましたが

羽は極薄の鉄板で台座は肉厚鉄板

下手くそ溶接ではとても心配です。

なので取り外しメンテもしやすく、

荷重が分散するドリルビス固定としました。

2021-03-17_17-53-39_751.jpeg

見た目はイマイチですが

塗装して、遠目から見ると

分からなくなりました。

DIYで修理出来て良かった~


いつも壊れる風車。

強度はイマイチですが

見た目インパクト重視で

大変すばらしい出来栄えです。

これからも活躍してもらいます。

2021-03-18_12-19-39_070.jpeg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : DIY
ジャンル : ライフ

tag : DIY溶接SUZUKID

コメントの投稿

非公開コメント

過去記事(ログ)スクロール

2024/04 (23)

2024/03 (21)

2024/02 (26)

2024/01 (30)

2023/12 (28)

2023/11 (30)

2023/10 (15)

2023/09 (17)

2023/08 (19)

2023/07 (23)

2023/06 (29)

2023/05 (28)

2023/04 (28)

2023/03 (30)

2023/02 (28)

2023/01 (29)

2022/12 (24)

2022/11 (27)

2022/10 (28)

2022/09 (31)

2022/08 (28)

2022/07 (24)

2022/06 (27)

2022/05 (23)

2022/04 (26)

2022/03 (31)

2022/02 (24)

2022/01 (24)

2021/12 (26)

2021/11 (24)

2021/10 (29)

2021/09 (20)

2021/08 (25)

2021/07 (32)

2021/06 (29)

2021/05 (29)

2021/04 (28)

2021/03 (27)

2021/02 (21)

2021/01 (23)

2020/12 (18)

2020/11 (20)

2020/10 (27)

2020/09 (26)

2020/08 (26)

2020/07 (24)

2020/06 (21)

2020/05 (14)

2020/04 (13)

2020/03 (14)

2020/02 (9)

2020/01 (1)

2019/12 (12)

2019/11 (11)

2019/10 (5)

2019/09 (10)

2019/08 (10)

2019/07 (11)

2019/06 (5)

2019/05 (4)

2019/04 (9)

2019/03 (4)

2019/02 (6)

2019/01 (2)

2018/12 (9)

2018/11 (7)

BESSの家ブログリンク

BOB

アクセス数
リアルタイムアクセス
現在の閲覧者数:
プロフィール

Zプロ

Author:Zプロ
熊本在住男41才です。
30歳の時に転勤で東京から熊本へ移住
移住と同時に中古の平屋を購入し、悠々自適の独身ライフを過ごしていました。
しかしながら、熊本地震で感じた独り身の寂しさから本格的な婚活をおこない、2017年に友人の紹介で素敵な奥様と一緒になれることになりました。
ただ今の家では死ぬまで住むに値しないと夫婦で判断し、建替え、移住、リフォームと検討しました。アウトドア好きな二人が出した結論は建替え&ログハウスという一番金銭がかかる仕様でしたが、死ぬまで50年は住めるようにログハウスライフを堪能するつもりです。

カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事ランキング
全体表示は下記【人気ページランキング】をクリックしてください。