fc2ブログ

巨大丸太の細分化とATV後転事故 やっちまった・・・・

運搬車のテスト走行を終え

薪活開始です。

以前伐採した木々

超太物丸太はそのままでは運べず

現場に残したままでした。

今回は細分化して手で持ち上げられる

重量に調整して持ち帰ります。

2021-06-10_12-51-34_849.jpeg

一番の強敵、直径70~80cmの丸太です。

長さ1.2mあり回転させるもの

120%のフルパワーで何とか動く

目立てはバッチリの2台のマキタチェーンソー

良く切れるのですが、さすがにパワーが足りない。

2021-06-10_13-26-09_655.jpeg

オーバーヒートさせないように交互に

使い、時間をかけ3枚おろしにしてやりました。

これ以外にも10個ほど太物があり

6時間かけて細分化が達成。

こんなに太いと50㏄クラスでも

楽には切れないでしょうね。

やはり60~80ccを一台持っておくと便利かな・・・

2021-06-10_10-27-37_907.jpeg

ここからが不注意、不運の始まり

重いながらも手で持てるようになったので

さっそくATVで運搬してみました。

河川敷テストの時と同じ容量を積み込み

【※注目は容量・・・重量ではない

運搬テストは中身が軽い丸太ばかり

今回は身が詰まった重量級

見極めが甘かったと反省①】

平地は問題なしOK

上り坂のコーナーで操舵が弱い

積みすぎてウイリー気味のせいで

フロントが接地していないようです。

4WDに切り替え慎重に登るも、

ゆっくりとウイリーが始まり

逃げる間もなく後転してしまいました。

前回の横転はとっさに飛び降り

挟まれずに済んだのですが

今回は逃げれなかった。

しかしキャリアとハンドル隙間に入り込み

打撲だけで済みました。

運が良かっただけで

タラ・レバの再発防止を徹底します。

2021-06-10_18-45-41_048.jpeg

今回は損害が大きく

ブレーキにマスターシリンダーの破損

フロントサブフレームの曲がり

カウルの変形が大きく干渉しまくってます。

基本フレームと足回りには影響なく無事でした。

帰宅後、単管パイプを駆使してフレーム修正中

許容レベルまで曲げなおせたので修復完了。

2021-06-10_18-46-30_491.jpeg

反省点②は重量積みすぎもあるのですが

リアキャリアのオーバーハングが大きすぎた事です。

反省を生かし2度と事故が起きないように

ホンダTRX500の改善を試みます。

それと見極めと経験も重要ですね。

懲りずに続けますよ~


にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 薪活運搬車ATVマキタチェーンソー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これはまた、物凄い極玉ですなぁ! 材質は何でしょうか?
スダジイっぽい?
ここまで来るとやっぱり大排気量機ですね~
ATV側面図をみると、どう積んでもリアヘビーになりますよね。
簡単なトレーラーっていうのはどうでしょう?

No title

怪我が無くて良かったですね、これで量を運ぼうとすれば・・・牽引でしょうか、でもコーナーは攻められませんネ。小割にするのは縦挽きよりもクサビで割る方が早いかな

Re: 巨大丸太の細分化とATV後転事故 やっちまった・・・・

いつものナラ系ではなく、皮の凹凸が少なくツルツルしていますね。持って帰って斧で割れるのか楽しみです。
当日はATVを置いておく予定だったのに
修理で積み込んでしまったので
いつ持って帰れるやら…

まじめに60ccクラスを探しています。
お金があればMS 500iを50cmバーで買いたいのですが…

Re: 巨大丸太の細分化とATV後転事故 やっちまった・・・・

トレーラー!もちろん考えていました。
ヒッチボール用フックはついていて
ホンダも積載でなく
牽引を推奨しています。ただ
現地は切り返しを多用するのでトレーラーでは
わざわざ切り離す必要があり狭いのです。

それとドンピシャのトレーラーは日本に無くて
リアカーになってしまいそう。
もう自衛隊が牽引してるような
コンパクトカーこトレーラーを
角材、エキスパンダ、溶接で自作するしかありませんね!

Re: 巨大丸太の細分化とATV後転事故 やっちまった・・・・

転倒から2日
地味に打撲が痛くなってきました。
やはり牽引トレーラーですね。
最後の悪あがきで改善してみたので
それでダメならカーゴトレーラーを検討&
自作してみようかと思います。
過去記事(ログ)スクロール

2024/05 (13)

2024/04 (27)

2024/03 (21)

2024/02 (26)

2024/01 (30)

2023/12 (28)

2023/11 (30)

2023/10 (15)

2023/09 (17)

2023/08 (19)

2023/07 (23)

2023/06 (29)

2023/05 (28)

2023/04 (28)

2023/03 (30)

2023/02 (28)

2023/01 (29)

2022/12 (24)

2022/11 (27)

2022/10 (28)

2022/09 (31)

2022/08 (28)

2022/07 (24)

2022/06 (27)

2022/05 (23)

2022/04 (26)

2022/03 (31)

2022/02 (24)

2022/01 (24)

2021/12 (26)

2021/11 (24)

2021/10 (29)

2021/09 (20)

2021/08 (25)

2021/07 (32)

2021/06 (29)

2021/05 (29)

2021/04 (28)

2021/03 (27)

2021/02 (21)

2021/01 (23)

2020/12 (18)

2020/11 (20)

2020/10 (27)

2020/09 (26)

2020/08 (26)

2020/07 (24)

2020/06 (21)

2020/05 (14)

2020/04 (13)

2020/03 (14)

2020/02 (9)

2020/01 (1)

2019/12 (12)

2019/11 (11)

2019/10 (5)

2019/09 (10)

2019/08 (10)

2019/07 (11)

2019/06 (5)

2019/05 (4)

2019/04 (9)

2019/03 (4)

2019/02 (6)

2019/01 (2)

2018/12 (9)

2018/11 (7)

BESSの家ブログリンク

BOB

アクセス数
リアルタイムアクセス
現在の閲覧者数:
プロフィール

Zプロ

Author:Zプロ
熊本在住男41才です。
30歳の時に転勤で東京から熊本へ移住
移住と同時に中古の平屋を購入し、悠々自適の独身ライフを過ごしていました。
しかしながら、熊本地震で感じた独り身の寂しさから本格的な婚活をおこない、2017年に友人の紹介で素敵な奥様と一緒になれることになりました。
ただ今の家では死ぬまで住むに値しないと夫婦で判断し、建替え、移住、リフォームと検討しました。アウトドア好きな二人が出した結論は建替え&ログハウスという一番金銭がかかる仕様でしたが、死ぬまで50年は住めるようにログハウスライフを堪能するつもりです。

カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事ランキング
全体表示は下記【人気ページランキング】をクリックしてください。